コンビニ決済導入のお知らせ


 
 
歴代エンブレム ピンズコレクション(Collection No.7)
歴代エンブレム ピンズコレクション(Collection No.7)
歴代エンブレム ピンズコレクション(Collection No.7)
歴代エンブレム ピンズコレクション(Collection No.7)

歴代エンブレム ピンズコレクション(Collection No.7)

商品コード : F0059124939
価格 : 1,650円(税込)
数量
 
サイズ:18mm(直径)

Collection No.7 1972~ Alfa Romeo 歴代エンブレムピンズコレクションシリーズ、第7弾は 1972年登場のエンブレムです。1910年の登場以来、大戦や世界的な恐慌等々、様々な局面を乗り越えてきた Alfa Romeo はここで大きな展開を迎えます。1933年以来、国策企業 IRI(イタリア産業復興公社)の支配下に置かれていた Alfa Romeo は、イタリア南部の経済復興という国策に基づき、ナポリ近郊の街、ポリミアーノ・ダルコに新工場を設立。それを機に創業以来エンブレムに記されていた MILANO の文字が姿を消すこととなります。また、ALFA と ROMEO を結んでいたハイフンもここで取り去られます。そして、象徴的な存在、BISCIONE もシンプルなデザインへと変貌を遂げたことも特徴のひとつです。 さて、この新工場設立により生まれたのが Alfasud です。文字通り「南」を意味する名を冠したモデルは、Alfa Romeo 初の量産FFモデルながら、低重心水平対向エンジンの搭載やフロントをインボード式とした4輪ディスクブレーキ等の凝ったメカニズムをもち、さらにそのデザインはジウジアーロという Alfa Romeo の名にふさわしい高い運動性能を誇ったモデルです。またアレーゼ工場からは Alfetta もデビュー。往年のグランプリマシン Tipo 159 の名を冠したモデルに相応しく、トランスアクスルレイアウトや、ド・ディオンアクスル等々を採用。こちらも卓越したハンドリング性能を誇るモデルとして知られています。